表紙をクリックすると裏表紙が現れます。
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
また、作品が改題された場合は、原題を[ ]内に記載しました。


別冊幻影城江戸川乱歩表紙 1976 Aug. No.5
別冊幻影城8月号江戸川乱歩パノラマ島奇談・陰獣

表紙デザイン/目次レイアウト=池田拓/表紙イラストレーション=山野辺進/本文イラストレーション=高塚せいご・花輪和一・西岡保之・大西将美

第二巻第三号/定価900円/昭和51年8月1日発行/編集・発行人=島崎博/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷・小泉製本/発行所=幻影城


  創刊のことば 「別冊幻影城」編集部 1    
パノラマ島奇談   江戸川乱歩 13 新青年 1926年(大15)10月号-
1927年(昭2)4月号
陰獣   江戸川乱歩 83 新青年 1928年(昭3)8月増刊号-
10月増大号
江戸川乱歩・
人と作品と資料
         
名探偵登場 高等遊民から青年紳士へ・
明智小五郎 (名探偵登場)
二上洋一 300    
江戸川乱歩論 夢とスリルの幻術師
(江戸川乱歩論)
津井手郁輝 306    
大いなる幻影 (江戸川乱歩論) 寺田裕 314    
乱歩私観 夢のエレベーター・
乱歩さんのこと (乱歩私観)
宗左近 294    
文芸評論家江戸川乱歩
(乱歩私観)
谷沢永一 296    
乱歩のいた家 (乱歩私観) 種村季弘 298    
資料・
江戸川乱歩書誌
作品目録 島崎博・編 322    
アルバム・
江戸川乱歩と仲間
(探偵作家アルバム(5))
あの頃 鮎川哲也 6    
世界スリラー展と乱歩さん 香住春吾 7    
浴衣がけの幹事会 玉井一二三 8    
席上寸景 中島河太郎 9    
結婚パーティにて 仁木悦子 10    
江戸川乱歩一座 山村正夫 11    
十五年前 渡辺剣次 12    
傑作短編集 二銭銅貨 江戸川乱歩 143 新青年 1923年(大12)4月号
屋根裏の散歩者 江戸川乱歩 161 新青年 1925年(大14)8月増刊号
D坂の殺人事件 江戸川乱歩 186 新青年 1925年(大14)1月増刊号
心理試験 江戸川乱歩 206 新青年 1925年(大14)2月号
人間椅子 江戸川乱歩 226 苦楽 1925年(大14)9月号
押絵と旅する男 江戸川乱歩 240 新青年 1929年(昭4)6月号
芋虫 江戸川乱歩 256 新青年[悪夢] 1929年(昭4)1月号
乱歩・
自作、自身を語る
一頁自伝 江戸川乱歩 271 モダン日本 1930年(昭5)11月号
祖先発見記 江戸川乱歩 273 「読切小説集」 1955年(昭30)3月捕物祭号
父母のこと 江戸川乱歩 275 東京創元社
「わが夢と真実」
1957年(昭32)8月刊
レンズ嗜好症 江戸川乱歩 278 ホーム・ライフ 1936年(昭11)7月号
わが青春記 江戸川乱歩 280 東京新聞 1952年(昭27)8月8日
二十代の私 江戸川乱歩 281 誠文堂新光社
「二十代」
小川誠一郎編
1952年(昭27)2月刊
私の探偵趣味 江戸川乱歩 283 大衆文芸 1926年(大15)6月号
小説を書くまで 江戸川乱歩 285 文藝 1956年(昭31)5月号
私の読書遍歴 江戸川乱歩 287 日本読書新聞 1952年(昭27)5月7日
書斎の旅 江戸川乱歩 289 東京堂月報 1940年(昭15)6月号
わたしの古典 江戸川乱歩 291 日本読書新聞 1956年(昭31)9月17日
  お知らせ   341    
  幻影城出版案内   342    
  読者の声 胡桃沢治夫・
長瀬信行・柳田欣一・
田口直人・増田謙一
340    

別冊幻影城/保存版江戸川乱歩表紙 「別冊幻影城」はムック形式で刊行されたあと、在庫がなくなると、「保存版」と名づけられ、フランス装の単行本形式として増刷された。写真は「別冊幻影城/保存版・江戸川乱歩表紙背表紙裏表紙」。(1977年(昭52)6月25日初版発行/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫)



表紙へ戻る進む